看護師が転職を終えるまでのステップはまず転職の理由や転職先の希望を明確にすることから始まります。これらのことを明確にしておくことで、迷いのない転職活動ができるようになるはずです。

転職の理由や転職先の希望を明確にできたら今度はそれらに合った看護師求人を探すステップとなります。利用できる求人にはさまざまなものがありますが、中でも便利なのはインターネットで公開されている求人です。というのも、インターネットの求人は細かい条件に合わせて情報を絞り込むことができるからです。給与でも雇用形態でも勤務内容でも押さえておきたい条件があれば絞り込んでみてください。

自分が看護師として働きたいと思う求人を見つけたら次はその求人に対するアクションを起こすステップです。アクションとはつまりその求人に応募したり、問い合わせをしたりということです。特に何か疑問点があればいきなり応募する前に問い合わせておくといいでしょう。場合によっては掲載情報が古く、看護師募集を締め切っていることもあるので、早めに確認しておく方が間違いがありません。

求人に応募した後は採用試験を受けることになります。採用試験の日はある程度調整できることもあるので、希望の日があれば応募先に伝えましょう。看護師の転職の採用試験は面接が基本です。そのため、面接対策はきっちりと行っておくべきです。場合によっては小論文を書く試験もあります。

採用試験後は合否を待つだけです。採用の場合は電話かメールか書面で通知が来ます。通知が来た後はさっそく転職に必要な書類や道具を用意するようにしましょう。何を用意すればいいかわからなければ転職先にあらかじめ問い合わせて尋ねておくといいでしょう。これから長く働く可能性のある職場である分、質問は積極的にするべきです。もしその時点でまだ前の職場を辞めていないのであれば、できるだけ早く辞める手続きを取ることが大切です。これにより転職活動のステップは終了です。