看護師は医師と患者の間に立つ存在です。
医師を助けて医療をより円滑に行いつつ、患者にはサポートを行う。

医療の最前線にいるのが医師であれば、患者と向き合い、医療を根底から支えてくれているのが看護師です。

そんな看護師も仕事になりますので、時には労働環境に不満を抱いたり、もっと良い所があるのではないかと思う事もあるものです。

pointそこで、看護師が転職したいと思うような病院はどのようなものなのでしょうか。

残業がないのが一番!

看護師が転職したいと思う病院の条件として圧倒的に多いのがこちらです。残業は出来れば控えたい。やりたくない。
このように考えている看護師はとても多いです。残業は必要悪だろうと思う人もいるかもしれませんが、看護師とて人間です。

arrow_orangeたまに残業をするくらいであればともかく、毎日当たり前のように残業ばかりとなると自分自身の時間を持つ事が出来なくなります。ましてや看護師のお仕事は多くの患者と接し、さらには医師の注文も受け付けなければなりません。

板挟みとなって大変なケースなど珍しいものではありませんので、時には大きなストレスと戦わなければならない事もあるのです。

そのため、残業などせずに定時で帰って自分の時間を楽しみたいと思うのは何ら悪い事ではありません。

看護師としてレベルアップ出来る職場が良い

看護師として働いている人の多くが、ただお金を稼ぎたいだけではなく、医療に携わる人間として自分自身の医療のレベルを高めたいと考えています。

知識はもちろんですが、経験によってもたらされるのが医療レベルです。具体的に言えば、医療施設が整えられていたり、先進治療を行っているような病院であれば看護師とて吸収出来る事が多いのです。

短期間でも良いからレベルの高い病院で働き、看護師としての力量を高めたいと考えている人はとても多いのです。いつどこで役立つかなど分かりません。ですがいろいろな事を知っておいた方がいざという時に役立つのは言うまでもありませんから。

有給取得率は?きちんと休みが取りやすい環境かどうか

働いていれば有給の権利は得られるのですが、有給を使える環境でなければ意味がありません。

point給与明細の有給欄だけが貯まっていくものの、実際には使えないような病院では意味がありません。

取得した有給は使う事が出来るのかどうかもまた、転職する際にはとても大切な部分です。

日頃の休日さえ取得できれば、有給は消化できなくても大丈夫と思っている方もいますが、それは間違いです。例えば、子供が急な病気になった場合に、有給を使える事が当たり前だと思っていませんか?急な欠勤に対して、有給があれば有給消化してくれる職場もありますが、有給扱いにしてくれず欠勤になる場合もあります。欠勤になれば、給料はカットされるだけではなくボーナスにも影響が出てきますよね。

看護体制が整っているのかきちんと見極めよう

看護師として病院で同じように働くのであれば、やはり勤務条件が良い職場がいいですよね。勤務条件を選ぶ中で大切なのが、看護体制が整っているかどうかです。
「7:1を取得しています」など募集要項に記載されている事で、看護体制が整っているかを判断する事ができます。これは、「看護師1人に対して患者7人の看護を行なっている。」といった意味になります。この割合ですが、全ての病院が7:1が良いというわけではありません。急性期などの忙しい職場の場合には、7:1といった割合が良いですが、療養やリハビリ病棟の場合には10:1や15:1といった割合が適しています。この割合で、看護師1人の仕事の負担をはかる指標になるため、給料に見合った忙しさなのかが判断できます。

看護師にとってやっぱりお給料は重要

自分が貰っている給料は、看護師の平均的な給料に対して低いのかそれとも高いのかが気になりますよね。やはり、同じように働くのであれば少しでも高い給料を貰いたいと思う方も多いと思います。看護師の平均年収は519万となっています。ですが、看護師の場合、経験年数や夜勤回数によって給料が変動しますので、キャリアの浅い看護師では、この給料を上回る事は難しいという事は、頭に入れておく必要があります。また、職場の忙しさにも給料が違う傾向にあります、やはり、忙しい職場である急性期や、精神的な負担の多い精神科では基本給が高く、療養やリハビリなどのゆったりした環境で働ける職場は、基本給が低めの設定となっています。

勤務体制は自分の働きやすさで考えよう

2交代であるのか3交代であるのか?という事も、転職する際には、判断する材料として大切です。3交代の場合、1回の勤務は短いですよね。特に夜勤では準夜勤と深夜勤に分かれており、準夜勤では6時間、深夜勤では8時間程度の勤務時間ということに対し、2交代では、夜勤が14時間と拘束時間が長いため夜勤をする事が辛いと思う方もいらっしゃるかもしれません。ですが、3交代の場合、日勤を行なった後に1度帰宅し、そして深夜のために再出勤しなければいけない事があったり、準夜勤を行なったあと、日勤を行わなければいけないなど、ゆっくり休む事ができず、肉体的な負担が実はとても多いのです。それに対して2交代の場合、一度の勤務時間は長いのですが夜勤明けの日と、その翌日は休みとしている職場が多いため、夜勤の後はゆっくり休みリフレッシュする事ができます。

福利厚生が充実している病院を選ぼう

独身の看護師や新人看護師の場合、福利厚生が充実しているかを確認しない方が多いのですが、福利厚生が充実しているのか、確認しておくことをお勧めします。なぜ、福利厚生が充実している事が大切なのか?例えば、結婚し妊娠した場合、福利厚生が充実していなければ、産前産後休暇が取得できなかったりします。また院内保育園がある場合には民間の保育園に入れない場合でも、院内保育園に預けて勤務する事が可能となります。結婚したり出産したりする場合だけではなく、寮が完備されているのか?保険や年金も加入する事が出来るのか?といったことも福利厚生に含まれています。これらが、充実していることは、将来の生活にも影響することですので是非チェックしてください。

良い転職先を探す条件はもちろんこれだけではありません。他にも多々ありますが、看護師として転職したいと考えているのであれば、いろいろな事を調べておいた方が良いのは言うまでもありません。