キャリアアップや転職のために新しい資格を取りたいと考える人が増えています。看護師が「キャリアアップのためにさらに資格を取りたい」と考えた場合、どのような資格があるのでしょうか。

専門看護師とは?

専門看護師は日本看護協会が認定する資格で、患者さんやその家族に対する看護やケアのスペシャリストです。資格を取得するには、看護系大学大学院の修士課程を修了していて、実務経験が5年以上であること、そのうち3年以上は専門看護の分野の経験があることが条件となります。専門看護師の認定審査では、書類審査と筆記試験が行われます。無事合格すると専門看護師として認定を受けることができ、5年ごとに更新が必要です。

認定看護師とは?

認定看護師は日本看護協会が認定する資格で、熟練した技術や知識を持つ看護のエキスパートです。資格を取得するには、実務経験が5年以上で、そのうち3年以上は認定看護の分野の経験があること、さらに、6カ月(615時間以上)の認定看護師教育機関の研修を修了する必要があります。認定看護師の認定審査は筆記試験のみが行われます。無事合格すると認定看護師の認定証が交付され、5年ごとの書類審査、更新が必要です。

他にもこんな資格が

専門看護師や認定看護師以外にも、看護師の資格を持っていなければ取れない資格は色々あります。たとえば保健師や助産師、ケアマネージャーなどがあります。保健師の資格を取るには、大学の学部や専門学校などで1年間の課程を修了し、保健師国家試験に合格する必要があります。助産師になるには、大学や大学院、専門学校などで12年の専門課程を修了し、助産師国家試験に合格する必要があります。また、最近では看護師のキャリアアップにつながるような多くの資格や検定が出てきています。救急看護分野では「トリアージナース」や「救急救命士」、メンタルケアの分野では「臨床心理士」や「家族相談士」といった資格などが注目されています。