毎日たくさんの患者さんを看護している看護師にとっては、患者さん全員が感じが良い人ばかりというわけではありません。中には、びっくりするような言動をして周囲を驚かせたり、看護師を嫌な気分にさせる患者さんなどもいます。ランキング形式でご紹介しましょう。

第1位:看護師をメイド扱いする人

患者さんの中には、看護師をパシリやメイドだと勘違いしている人がいるようです。「売店で新聞買ってきて」「ちょっとこの枕カバー、洗ってくれる?」「お腹空いたから売店で何か買ってきて」など、忙しい看護師に対して軽く私的な用事を言いつける患者さんは、多くの看護師がビックリしてしまいます。もちろん、そうした用事は看護師の仕事ではないので断っても問題ないのですが、なかなか断りづらいという人は多いようですね。

第2位:セクハラ患者

看護師のコスプレは中高年男性にとっては大人気だからでしょうか、看護師を見ると無意識のうちにセクハラをしてしまう患者さんは少なくありません。剃毛を待ちわびている人、必要ないのに看護師の体に触れようとする人、用事もないのに呼びつけて「彼氏はいるのか?」と聞いてくる患者さんなど、患者さんからのセクハラには多くの看護師が悩んでいます。

第3位:上から目線の患者

患者さんの中には、看護師に対して高圧的な態度を取る人がいます。話し方や態度など、「そういう話し方しかできないのかな」と首をかしげたくなるような物言いの患者さんは、看護師にとっては評判が最悪ですね。もちろん、患者さんの態度によって看護のレベルを落とすなんてことはありませんけれど、お互い気持ちよく一日を過ごすためには、お互いが相手のことを思いやって言葉を選んだり、態度を改める必要はあるでしょう。また、高圧的ではなくても、医師に対しては敬語を使えるのに看護師に対してはため口という患者さんもいるようです。看護師は自分よりも下とみているのでしょうか。こうした言動も、看護師にとってはびっくりです。