看護師2年目、やっと仕事に慣れだした頃ですね。でも意外にも、この2年目の時期に80%の看護師さんたちが転職を考えているという、驚きのデータがあります。最低でも3年務めないと使い物にならないといわれている看護師業界。2年目看護師さんたちは転職かそのまま残るかのジレンマに直面します。では、なぜ2年目に転職したくなってしまうのでしょうか。

理由はたくさんありますが、まず第一に人間関係です。どこの業界にも怖い先輩はいるものです。さらにストレスの多い職場で、看護師というきつく責任の大きい仕事をこなします。生命を預かる仕事上、チームワークが求められ、足並みがそろわないとしんどい職場です。新人の1年目は無我夢中で仕事をしていたけれど、2年目でいろいろ考える余裕が出てきます。それに伴い、既存チームで仕事を続けていく自信がなくなってくるのが2年目の看護師さんです。

さらにもう一つには自信喪失、そして転職を考える理由は、職業柄看護師が生命を預かる大切な仕事という点です。看護師さんたちにミスは許されません。新人の頃は、先輩がついて手取り足取り教え指導してくれましたが、2年目になると一人任されることも多くなります。つまり、責任も増し、その仕事をきちんとミスなくすることが求められます。さらに、最近世間にも知れ渡ってしまった看護師不足、終わりなき仕事の山。それをてきぱきとこなすことが2年目には求められます。昨今はインターネットを通していくらでも情報の入る時代です。患者さんたちの目も肥えています。求められるサービスの質は上がりますが、それをこなす看護師さんたちの人数は限られています。限られた時間、体力、人数の中で、看護師チームの一団としていかにチームに貢献し、いかに患者さんたちの求めるサービスを提供するか、それを求められ始めるのが2年目です。しかし看護師2年目の転職では、なかなか世間の風当たりがきついのも事実です。転職に際してはよく考えてから決定をするのが賢明です。