目的

マタニティブルーになった褥婦に適切な看護をおこない、良好な経過を辿り早期回復できるようにする。産後うつになっている患者には、適切な社会的サポートと治療が受けられるように配慮するとともに、患者と家族への精神的サポートをおこなう

マタニティブルー、産後うつとは

妊娠中に活発に分泌されていた女性ホルモンが、分娩後、急激に減少することで情緒の不安定さや涙もろくなるなど精神症状が出ることをいいます。通常、産後2~3日以内で現れ、5日目頃がピーク、10日前後で軽快していきます。これをマタニティブルーといいます。一方、産後うつは、産後数週間から数か月以内に発症し、2週間経っても軽快しない又は悪化する場合をいいます。

経過

マタニティブルーは、妊娠中に胎盤から分泌されていた大量の女性ホルモンが、急激に減少することや母親としての責任を感じたり、急な環境の変化によっておこる生理的な精神症状です。妊婦全体の30~50%の方が、不眠や抑うつ、不安、注意力散漫、イライラ感など精神症状が現れます。産後2~3日くらいから症状が出始め、10日目くらいには回復していく一過性のもので経過は良好です。病気ではないため、治療は必要なく経過観察されることが多いです。

ところが、産後うつの場合は、産後数週間から数か月の間に、不安、緊張、抑うつ感、罪悪感などの精神症状が出始め、2週間が経過しても軽快せず、悪化していくことが特徴です。また、産後うつの場合、精神症状だけでなく、疲労感、頭痛、食欲不振など身体症状が出てくるのも特徴の一つです。産後うつになると、赤ちゃんが泣き止まないのは何か重い病気があるせいだ、私が母親で申し訳ない、育てていく自信がない、母乳が出ないなんて母親失格だ、など子どもの育児や母乳、子ども自身に関連した悩みを多く持ちます。産後うつは、病気であり治療の対象となります。全妊婦の10%程度が罹患するといわれています。マタニティブルーが悪化し、産後うつに移行することもあるので、注意が必要です。

リスク因子

マタニティブルーや産後うつになりやすい因子として、精神疾患の既往、月経前症候群(PMS)の既往、若年妊婦、夫との関係が希薄、家族関係が悪い、社会的支援が乏しいなどがあげられています。マタニティブルーや産後うつの発症には、ホルモンバランスだけでなく、育児サポートの乏しさと育児への不安が重なり、責任を受けきれなくなったときに発祥しやすいといえます。

治療

【マタニティブルーの治療】
1.周囲に自分の気持ちを話す
2.自分の今の気持ちを受け入れる
3.気分転換
4.育児の分担
マタニティブルーは、一過性のもので治療は必要ありませんが、不安な気持ちを1人で抱え込んでしまうと病状が悪化して産後うつに移行する恐れもあります。治療の基本は、自分の気持ちを周囲に話して共感してもらうことと、自分の今の気持ちを受け入れること、気分転換や育児を頑張り過ぎないことです。

【産後うつの治療】
1.休息
2.周囲のサポート
3.カウンセリング
4.薬物治療
産後うつは病気なので、きちんと治療を受ける必要があります。治療の基本は、まずは休息と周囲のサポートです。育児や家事などはいったんお休みして、体と心の休息を優先させます。夫や家族だけでサポートすることが難しければ、社会的なサポートを受けて体の休息がきちんと取れるようにします。体が回復してきたら、徐々にリラックスや楽しいこと、運動など体を少しずつ動かして気分転換を図ります。症状が改善しなければ、カウンセリングや薬物治療を並行してしておこないます。

マタニティブルー、産後うつの看護

アセスメントの視点

1.表情、言動
2.育児態度
3.疲労度
4.食欲、食事量
5.睡眠時間
6.周囲のサポート
7.夫、家族との関係性

看護の実際

1.看護者から気付いて患者の気持ちに歩み寄る
マタニティブルーは特に発症のピークが産後2~3日から5日目の入院中です。患者の表情や言動をよく観察し、無理をしていないか、不安に思っていないか、睡眠不足はないかなど心身ともに異常がないかをよく観察し、アセスメントすることが大切です。もし、不安そうな表情をしていたら、こちらから声をかけサポートを促すようにします。
また、睡眠不足がある場合は、一時的に赤ちゃんを預かり睡眠時間を確保します。退院前にまだ不安が続くようなら育児入院として退院の延長も考慮し、心身ともに元気な状態で退院できるようサポートすることが大切です。

2.困ったときはいつでもサポートできることを伝える
マタニティブルーも産後うつも頑張りすぎ、張り切りすぎが背景にあることがあります。力を抜いて、リラックスして育児に取り組めるようサポートします。疲れたり、困ったりしたときはいつでも相談にのれる体制であることを伝えてあげます。育児は1人でおこなわないことを、本人にも家族にもきちんと伝えます。

3.社会的サポートの紹介
現代では、家族のサポートを受けられない家族形態も多いです。そのため、社会的サポートの紹介も大切です。一時保育や家事代行サービス、子育て相談など行政や一般企業がおこなっているサポートも数多くあります。家族形態に合わせた紹介をおこない、母親だけが育児で孤立しないようにすることが大切です。精神的に不安定な場合は、必要によっては、地域の保健師に連絡し、定期的な訪問をおこなってもらうようにします。

4.医療機関の紹介
必要があると判断された場合は、症状が悪化しないうちに精神科や心療内科への紹介をおこないます。このときに、妊娠中や入院中の患者の状態などを医師に伝えて、情報を共有することが大切です。

5.家族へのサポート
本人を一番近くで支える家族の協力と理解が、回復には欠かせません。家族の支援や理解を求めていくことが大切です。家族は、どうしてよいか分からない状態で困り果てるというケースもあります。心療内科や精神科の医師と連携しながら、患者が今どういう状態なのかを家族に理解をしてもらい、サポートの方法を伝えることが大切です。