一時は看護師として働いていたものの、その後様々な理由によって今は看護師として働いていない、潜在看護師。その数は平成24年の時点で全国で約71万人にも上ります。看護師として実際に働いている人の数が全国で約154万人ですから、実にその数の半分近くの潜在看護師がいるわけです。絶対的な看護師不足が叫ばれている昨今、この潜在看護師になんとか職場復帰してもらえないだろうかと、国も現場の病院もいろいろと対策を考えているところです。

ですが看護師からしてみれば辞めざるを得ない理由があって一度辞めているわけですから、その問題が解決されていない限りは復職は難しいというものでしょう。看護師を辞めた理由は様々です。多いのは結婚や出産を機に続けていくのが難しくなったケースですが、人手不足や夜勤などが理由で体力的にきつくなり辞めた、という方も多いかと思います。その上、離職しているこの数年間の間にも医学は止まることなく進歩しており、看護師として働く際に必要な知識や手技も変わり続けています。そのことから、ブランクを挟んでもう一度看護師として働くことを考えると、つい不安で二の足を踏んでしまうという方も多いことでしょう。

とはいえこの看護師不足の中、やはり潜在看護師は貴重な存在です。問題がクリアされて復職できれば、社会にとって確かに貢献できますし、役に立っているというやりがいを感じることもできます。出産・子育てが理由で離職した方の場合、子どもがある程度大きくなって手がかからなくなってくると、当時辞めざるを得なかった問題はクリアされているかもしれません。ブランクに関しての不安はどうでしょうか。この点は、各都道府県の看護協会が研修という形で支援しています。インターネットでの学習と、病院での臨床実習がセットになっているプログラムを作っている都道府県もあります。

体力面の不安に関しては、保育園看護師やデイサービスでの仕事などは体力的に負担が軽いと言われます。インターネットの看護師転職サイトに登録して、希望の条件を伝えて探してもらうのもいいかもしれません。