子どもの頃から看護師になりたかった、という人は学生の時から看護師を目指します。看護師の仕事は国家資格で全国何処でも仕事があり、また今後高齢化によりその需要は高まるといわれています。最短で看護師になるにはどうしたら良いでしょうか?

最短、年齢的に早く看護師になりたいという場合は、中学卒業後に高校衛生看護科に進学、卒業後に准看護師資格試験を受け准看護師の資格を取る事です。この准看護師は正看護師が3年から4年と言う時間とかけて看護師になるのに比べ、2年と言う短い時間で准看護師になることが出来ます。准看護師は医師、正看護師の指示のしたで働くとなっていますが、忙しい医療の現場では正看護師と同じような扱いになっている所が多いようです。

一旦社会に出て看護師になりたい、と思う場合にはどうでしょうか。すでに普通科の高校を卒業している場合、その後看護系の短大、または専門学校へ入学して資格を取る事が出来ます。最短、と言う事であればやはり准看護師の資格を取るのが最短の方法といえるでしょう。看護専門学校に通い2年間勉強して試験を受けます。この准看護師の資格は国家資格ではなく、都道府県の資格となり、試験を受けた都道府県の知事の名前で与えられる物です。資格は全国で通用し、北海道の知事の名前で発行された資格でも、東京や他の地域で働くことが出来ます。しかし残念ながら3-4年かけて資格を取る正看護師に比べ、年収は100万円ほど低くなります。准看護師の資格を取り、その後働きながら専攻科を受け正看護師になると言う事も可能です。

最も短く、早く看護師になりたいと思う場合は准看護師の資格になります。しかし長い目で見れば正看護師は自分の判断で看護行為を行う事ができますが、准看護師はあくまでも看護師、医師の指示の元に動くという事になり、その位置づけに差が出てきます。高年齢化が進んできている近年、老人ホームや介護施設などではこの准看護師の方が需要が高いといった現象も見られてきています。