看護師は他の仕事と比べても収入が良いと言われています。経験を積み重ねてくるとそれなりに収入もアップしますからある程度高収入と言われるのはわかりますが、新卒看護師の場合も他の仕事に比べて高めなのか気になります。看護師の平均年収は470万円前後となっていますが、これは新卒からベテランまで一緒に計算した金額です。新卒看護師の場合は、月収12か月分とボーナス分を加えて、だいたいですが350万円前後となっています。看護師の平均年収と比べると下がるのですが、新卒サラリーマンの年収は300万円前後と言われていますので、新卒看護師でも年収は高めと言えるでしょう。

看護師の年収は、働く地域や病院によっても違いがあります。都市部では高くなり、地方では低めになります。物価の違いもあるのでそれに合わせた額が決められているのでしょう。都市部と地方では、年収にすると大きいところで50万円くらいの差がありますので、新卒で看護師として働くなら都市部で働くことをおすすめします。

病院によっても年収の差があります。新卒看護師でも高収入なのが大きな規模の私立大学病院です。大学病院は比較的高給なのですが、国立大学よりも私立大学病院の方が給料は良いと言われています。病院の規模が大きくなればなるほど年収は上がります。大規模な病院の年収と、99床以下の小さな規模の病院の年収と比べると、50万円前後の差があると言われています。

地域の違いでも50万円前後、病院の規模の違いでも50万円前後の違いがあるので、都市部の大規模な私立大学病院だと新卒看護師でも高収入が期待できます。しかし、収入が高いとそれなりに仕事も厳しいのでそれなりの覚悟は必要でしょう。大規模な病院だと医療設備も最新のもので、多くの症例を扱うためにとても勉強になる場所であるのは確かです。看護師としてのスキルアップをしたいと考えているなら、新卒から大規模な病院で経験を積むと良いでしょう。