看護師の仕事を始めたばかりの頃は、あれこれと覚えることが多いですし、どこかに書き留めておきたいものです。これは看護師でも一般企業の会社員でも同じです。教えられたことはメモしておくこと、とよく教えられます。メモだと失くしてしまう恐れがあるので、それをノートにまとめておくと良いです。デスクワークの仕事ならノートを見ながらできるので問題ありませんが、看護師の場合はあちこち動き回りますし、ノートを持ち歩くわけにはいきません。

 新人の頃は、たくさんの人がノートを持って仕事内容を書き込んでいますが、まだ仕事に慣れていないのでノートはかなり邪魔なものだというのがわからないのです。仕事に慣れてくると、ほとんどの看護師はノートを持つことは無くなり、メモを白衣のポケットに入れることが多くなります。看護師は、仕事内容はもちろんのこと、患者さんの情報も正確に伝えなければならないので間違いがないようにメモします。メモなら、いつでもポケットから出して確認できますし、両手が空くので仕事に支障はありません。

 ノートは、仕事中に持つのではなくその日の仕事が終わった時にメモを見直し、必要なことであればノートにまとめておくようにすると良いでしょう。特に先輩から指導を受けたこと、患者さんから言われたことなどはしっかりまとめておき、頭に入れるようにしましょう。同じことを何度も質問するのは、「仕事を覚える気はあるのか」と思われてしまうものです。自分がわかりやすいようにまとめておくと、何かあった時に見直すこともできるのでおすすめです。看護師の場合は、緊急時のために両手は空けておく必要があります。もし、転倒しそうな患者さんを見つけたら助けなければなりません。ノートを持ち歩いていると、とっさに助けられませんからやはり仕事中は持ち歩かない方が良いです。ノートよりもポケットに収まるサイズのメモを用意し、いつでも取り出せるようにしておくと不安なく仕事ができるでしょう。