看護学校で看護学や衛生生理学などを学び、実習先で実際に経験を積み、看護師になります。新人看護師の殆どが実習と違いお給料をもらって仕事をし始めると、看護師としてやって行けるか?と不安を感じます。テキパキと医師と同様に働いている先輩看護師も、婦長と呼ばれる人たちも最初は皆新人看護師でした。不安とプレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、患者さんから感謝されたり、一つ一つの事を経験する事で確実に看護師として成長していきます。新人看護師として気をつける事はどんな事でしょうか。

一緒に働いている先輩看護師、病院関係者はどの人が新人かが解っていますが、患者や外来で来る人たちに対しては一人前の看護師として接しなくてはいけません。しかし始めての事が多く解らない事だらけと言う事もあります。不必要に出来ない事だらけでの落ち込む事は在りません。最初の1年は病院側も患者の生死にかかわるような事に、新人看護師を一人で対応させる事は無いからです。看護実習で身に着けられることは基礎的な事ばかりです。毎日の経験が新人を一人前の看護師にします。

ただ病院での経験だけでなく、自分で配属された診療科で必要とされる知識をつける為に、看護師用の疾患病別アプリなどで常に、勉強する事も大切です。新人看護師として先輩看護師に「この新人に教えたい」と思わせるような新人看護師になることです。それには相手の話を素直に聞き、言われた事はすぐ行動に移す行動力、そしてコミケーション能力を磨く事です。解らない事があるのは当たり前。聞く事は出来ますが、同じ事を何度も聞くのはNGです。必要な事はメモに取り、一度聞いた事はしっかりとおぼえる事です。また新人は覚える事も多く、職場の雑用も任されたりと忙しい毎日です。看護師の仕事の中で最も大切な申し送りは仕事が始まるときに行われます。絶対に遅刻をしない様にすることです。

誰でも最初は新人、それは看護師に限った事ではありません。日々の努力が新人を一人前にしてくれるのです。