目的

患者の羞恥心に考慮し、安全安楽にベット上で排泄できるように援助する

準備物品

・尿器
・便器
・タオル
・ゴム手袋
・新聞紙
・トイレットペーパー
・おしりふき
・陰洗ボトル
・消臭スプレー

手順

1.まず患者に、便意尿意のどちらがあるかを確認し物品の準備をする。
便器を使用する際には、中にトイレットペーパーを敷いておいてください。トイレットペーパーを敷いておくことで便器の汚れを最小限にし使用後も洗いやすくなります。

2.環境調整する。
大部屋の場合、同室の患者さんが飲食していないかを確認し、食事中である場合には、排泄したい患者さんを処置室などに移動する。食事中ではない場合は、同室の患者さんに声をかける。カーテンを行い、羞恥心に配慮した上で環境を整える。

3.便意の場合。
まず、新聞をひきます。そして、患者が自分でプッシュアップできる場合には、プッシュアップを行なってもらいます。

プッシュアップ自分で行える患者に対しては1人介助で行えますが、プッシュアップができない患者に対しては2人で介助を行うようにしてください。肛門が便器の中心にくるようにセットしてください。

尿意の場合。
尿意の場合ですが、男性と女性で違いがあります。男性の場合ですが、尿器内に陰茎を入れれば取りこぼしもなく排尿してもらうことができます。ですが、女性用の尿器を使用すると取りこぼしが多かったり、患者さん自身がすっきり排尿した気になれないということから、女性の場合には便器を使用する場合があります。

また、女性の場合には陰部にトイレットペーパーをあてておくことをお勧めします。トイレットペーパをあてておくことで、飛び散ったりすることなく排泄することができます。

4.排泄中は一度ベットサイドから離れる。
排泄中に人に見られていると出しにくいので、ベットサイドから離れ、排泄が終わったらナースコールを押してもらうよに説明する。ですので、ナースコールは本人手元もしくは胸の上に多いてすぐに押せるようにしてください。

5.排泄後はすぐに排泄物を除去する。
「少し待ってくだっさい」の少しは、患者さんにとって、とても長いものです。それも、排泄したままの状態で待つのはとても辛いですよね。精神的なく便座の上にお尻を乗せておくのも、とても痛いものです。ですので、ナースコールで呼ばれたらすぐに、対応してください。

6.陰部を清潔にし、衣服を整える。
排便時、排尿時ともにまずは、トイレットペーパーで拭きとってください。
そして、一度陰部洗浄が終わっていたとしても、排便時にはお湯で洗い流してください。そうすることで、患者さん自身にすっきり感を感じてもらうことができます。終わったら着衣も整えて患者さんが安楽な姿勢に整えてください。

7.環境調整をする。
カーテンをオープンにする前には、一度消臭剤を撒きます。そして、カーテンを開けて退室する前には、窓を開けて換気を行います。3分から5分程度換気をした後には、窓を閉めてください。換気をしている間に物品をかたずけ、片付けが終わったら、窓を閉めに行くのをお勧めします。

注意点

・排泄介助を依頼する患者さんは、羞恥心や申し訳ない気持ちをもっています。そのため、精神的な配慮を行うことは必須です。まずは、日頃から患者さんとの信頼関係を構築し、患者さんが頼みやすい環境づくりをしてください。また、羞恥心には配慮し、不必要な露出は避け、そしてプライバシーの保護には徹底してください。

・排泄介助を患者さんが看護師に頼んだ場合、ギリギリまで我慢した上でナースコールを押す方もいらっしゃいます。また、生理的現象ですので我慢をするのにも限界があります。他の業務を行っていたとしても、可能な限り業務を中断するか、もしくは他のスタッフに頼み、可能な限り早く準備をして介助をしてください。

・排泄をベット上でするのはとても、しにくいものです。人間は、個室であるトイレで座ってするという排泄スタイルに慣れているため、ベット上でしようと思っても、なかなか出なかったりするものです。ですので、すこしでも排泄しやすい環境を作る必要があります。例えば、便器のサイズを患者に合わせたり、便座を温めたり、介助者の手が冷たい場合には温めてから患者に触れる、腹圧をかけえやすい体位にするなど、小さなことも配慮した上で援助してください。

・排泄をした際には、拭いて終わりにするのではなく、陰部洗浄を一緒に行うことをお勧めします。特に女性の場合、尿やオリモノなどで陰部が汚染しやすくなっています。ですので、一度陰部洗浄が終わっていたとしても、お湯をかけるだけでもすることで、患者さんすっきり感を与えることができます。

・床上排泄を行った際にも、排尿や排便状態もきちんと確認してください。尿の色や量、残尿感を観察し、排便時には量や性状、すっきり感も観察し、必要な場合には主治医異常の報告をしてください。

・床上排泄後の後片付けをする際にも、配慮をする必要があります。便器には蓋をし、周囲の人に排泄物が見えないようにし、消臭剤を使用するなどしてください。また、次の人が使う際に、嫌な思いをしないように使用後は綺麗に洗浄してください。

床上排泄介助