【看護師として定年まで働き続ける】
各地の病院で看護師不足の声が上げられている昨今、求人サイトを見れば看護師の求人が沢山出てくる事から、看護師の需要の高さが分かります。そんな看護師ですから、どこに行っても仕事に困る事は無いし、リストラなんて無縁のまま定年まで働き続ける事が出来ると言われていますが、果たして本当に定年まで看護師として働き続ける事は可能なのでしょうか。

【看護師は重労働】
看護師が定年まで働き続ける事が出来るかは、結論から言うと「職場による」です。はっきり言って、看護師は重労働。二十代、三十代のうちはバリバリ働く事が出来ても、四十代、五十代になると身体が衰え、若い頃と同じようには働く事が出来なくなります。入院施設がある大きな病院に勤めていると夜勤も入りますので、更に辛いと感じるようになってくるでしょう。そんな状態で勤め続けると、定年を前にして身体を悪くし、結局辞めなければならなくなってしまいます。もし「このまま働き続けるのは辛い」と考えるようになったなら、転職を検討すると良いでしょう。同じ看護師の仕事でも、職場を変えるだけで随分と楽になる事は多いです。

【クリニックで働く】
クリニックの多くは個人で開業しており、入院施設がありません。入院施設が無いと言う事は、夜勤が無いと言う事。夜勤が無いだけでも随分と身体は楽になります。またクリニックには重篤な患者がやって来る事は少なく、急患や緊急オペも無いため、精神的にも楽になると言われています。

【転職はキャリアのリセットではない】
転職をする事で今までのキャリアがゼロになる事を恐れて、限界まで働き続ける人は少なくありません。しかし、身体を痛め付けて同じ職場に勤め続けなくても、今までのキャリアや経歴、そこで得たスキルを適切に評価してくれる職場があるはずです。キャリアがリセットされるとは思わず、自身の能力を正当に評価してくれる転職先を探しましょう。