子育てをするために看護師の転職を考える人は多くいます。しかし、子育てをしながらだとどうしても転職先に制限ができるので、子育てと仕事を両立できる職場をあらかじめピックアップしておくといいでしょう。また配偶者がいる場合は配偶者の理解を得ることが大切です。配偶者の協力を受けながらであれば多少の融通はきくようになります。

どのような職場で働くのが子育てをしやすいかというと、やはり勤務時間が少なく、それほど忙しくもないところがあげられます。なぜなら勤務時間が多いとそもそも子育てのための時間を作れないことがありますし、忙しいと体力が奪われ、子育ての疲労と相まってすぐに辞めてしまう可能性があるからです。

上記のポイントを満たす看護師の職場にはたとえば残業がない医療機関があげられます。残業がない職場であれば帰る時間帯を一定にすることができますし、子供の面倒もみやすいです。またまだ明るいうちに帰ることで、保育園のお迎えや夕飯の買い物といったこともできるようになります。

次に夜勤がない医療機関があげられます。というのも、夜勤があると生活リズムが狂い、安定した子育てをしにくくなる問題があるからです。特に子供のうちは夜寝て朝起きるという生活が望ましいので、子供の生活リズムと合わなくなる可能性があります。また自分自身の疲労も溜まりやすくなるという問題もあります。ただし、夜勤のある仕事は収入が格段によくなるので、お金を効率的に稼ぎたいのであれば別です。

それから「子育てをしている看護師に理解を持っている医療機関」を探すことも重要です。近年は母子家庭の増加やそれに対する配慮により、子育てをしている人の労働を支援する動きが日本全体で見られます。医療機関においてもそれは例外ではなく、さまざまな制度により、子育てをする看護師をサポートしてくれるはずです。またそういった医療機関であると同僚の看護師も子育てをしている人が多くなるので、悩みを共有しやすくなります。