最近は虐待のニュースなどで児童養護施設や乳児院が取り上げられる機会が増えました。乳児院とは、保護者の養育を受けられない乳幼児を養育する施設のことで、2歳くらいまでの子供たちが保育士、看護師、管理栄養士、医師などのスタッフに囲まれて生活しています。乳児院で暮らす子の背景には、親の病気や死亡、経済的な理由、捨て子、虐待、私生児など家庭で育てることが困難であるという理由があります。もっとも多いケースが虐待からの保護です。入院時に骨折していたり、体重が極端に軽い子も珍しくはありません。一時的に保護され、半年以内に親元へ戻っていく子供たちもいますが、半数以上の子供は親元に帰ることができないというのが現状です。

小さな子供の看護ということで保育園の看護師と同じようなものと思われがちですが、実際にはまったく別物です。保育園が一時的に子供たちを預かる場であるのに対し、乳児院は子供たちが暮らす生活の場です。そのため24時間看護が必要になりますし、体調の面だけでなく、愛情や信頼などの情緒をはぐくむことが大事な役割になります。保育士や他の職種の人たちと助け合いながら、虐待などで傷ついた子供たちの心を守り、育て、親代わりになるのです。また、障害や病気を持った子を受け入れられず育児放棄されるケースも多いため、そういった子供に対する専門的な知識が必要になります。

乳児院の看護師になるには、ボランティアスタッフとして働くのが一番の近道です。施設の数が少ないため一般の求人に載ることはほとんどありません。ボランティアスタッフとして日々子供たちに接し、ある程度の信頼関係を築いてから正式な職員となるのがもっとも多いパターンです。また、小児科看護や保育園看護、子育ての経験があると採用に有利になります。施設の規模によっては看護師の数が少なく、休みが取りづらい場合があります。給与や待遇も施設によって異なりますので、実際に働く場合はその施設に確認を取りましょう。