病院やクリニックでは女性が多い職場ですから、噂話や悪口を耳にすることが多いです。もし看護師の自分の悪口を聞いてしまったら、仕事が嫌になってしまったり、その後の仕事がやりにくくなってしまったりするかもしれません。もし自分の悪口を聞いてしまったら、まずはさっぱりとした態度で「何か私が悪いことをしましたでしょうか?」と尋ねてみましょう。意外にも言葉が足りなくて誤解が生じていただけかもしれません。もし誤解が原因だった場合は謝ることも必要ですが、早く仕事が出来るようになることが最良の解決方法と言えます。仕事に対する誠実さや周りに対する配慮、言葉遣いなど、きちんとした人であれば自分の頑張りを見ていてくれますので、悪口に振り回されることなく、一生懸命仕事をしてみましょう。もし業務的なことが原因でしたら自分の改善点を指摘してもらったのだと思って自己研さんに励めば良いのです。

しかし一方で、どうしても悪口ばかり言う人がいるのも事実です。そういう人の場合は相手は誰でも良い場合が多いです。相手の気持ちに配慮できないとか、常に集団行動をしたい人であるとか、自分を正当化したい人でしょう。そういう人の場合は「悪口を言う人なのだ」と割り切ることが必要です。そしてそういう人は他の人の悪口も必ず言っていますから、他の人の悪口を聞いても決して賛同しないようにしてください。自分までネガティブになることを防ぐことができます。そしてプライベートで関わらないことが賢明です。そして自分の悪口を聞いていたら一番難しいかもしれませんが、こういう人にあったことに感謝するようにしてください。そして学ぶ姿勢を見せてください。日々世界は動いていますから、同じ状況が続くことはありえません。感謝や学ぶ姿勢でいれば状況は好転してくるでしょう。とはいっても結局のところストレスの最大の原因は人間関係です。あまり一人で抱え込まず、自分が心穏やかに過ごせる方法を見つけてください。