国立病院ともなればそれなりに良いお給料だろうと誰もが推測するのではないでしょうか。看護師も同様です。

看護師は国家資格であり、さらには近年はどの病院でも看護師不足が叫ばれています。しかも看護師の場合、他の産業のように安易に人手を増やせません。

かつては交換留学生を募った時期もありましたが、人種云々ではなく、やはり言葉の壁がありました。そのため、多く招いた留学生でも結局国家試験に合格して看護師として活動出来るようになる人はごくわずか。

そのような状況ですので、看護師の人手不足はなかなか解消出来ないでいるのです。

attentionましてや少子高齢化です。看護師になりたい人が増えない一方で、看護師を求める病院は増えているのですから、看護師を取り巻く環境も大きく変わっていくのではないかと言われています。

そこで気になるのが給与です。国家資格でもありますので、一体どれくらい稼いでいるのか気になる人は多いでしょう。

データをいろいろと見てみる

看護師の平均年収は440万円前後と言われています。ですが、国立病院の看護師の平均年収は544万円とのデータがあります。

国立病院の場合、準公務員的な扱いとなりますので、給与はもちろんですが退職金もかなり多いですし、待遇も良いですから給与以上に魅力を感じている人が多いようです。

また、当道府県別で見てみると、東京の平均年収は523万円。ちなみに一番低いのは熊本県で399万円。熊本県は看護師の平均年収で唯一400万円を切っていた地域でもあります。ちなみに一番高いにおは京都府で525万円。

サラリーマンの平均年収が408万円とされている今の時代に於いて、看護師はかなり良いお給料と言えるでしょう。

alertですが、額面は良くとも仕事とはあまり見合っていないと感じている人も多いようです。確かに、看護師の場合夜勤もありますし、緊急もあります。手術などもありますので、サラリーマンのように土日休みではないでしょうし、何より人の命に関わる仕事です。

自分自身の判断ミスが取り返しのつかない事にもなりかねないのです。

 

手術看護師の給与はどれくらいだろう

手術看護師に関しては、他の看護師より若干高いようです。こちらもオペや夜勤、待機等がありますので、給与体系は様々です。

危険手当が付く所もあるようですので、それらを含めると平均年収も高くなり、440万円程度で、夜勤ありですと480万円程度になるようです。

また、診療科によっても微妙に異なるようです。緊急性の高い所、例えば脳神経外科や循環器科の病院は他よりも年収が高くなる傾向にあるようですから、手術室看護師の年収も高くなっているようです。

仕事内容

額面だけを見れば、手術室看護師はとても条件が良いのだなと気付かされるかもしれませんが、仕事内容を考えると決して「高い」とは言えないと感じている人も多いようです。

先にもお話しましたが、そもそも看護師のお仕事が休みが不定になりますので、周囲の友人となかなか合わせられないために人間関係が減ったという人はとても多いです。

さらには夜勤を繰り返す事になります。法律によって看護師の夜勤の回数は定められているものの、上限目いっぱいとなるとまるで時差でもあるかのような体になってしまうでしょう。更にはそれでいてミスが許されないのです。

arrow_orangeこれらの点を考えると、むしろ安いのではないかと考える人も多いようです。

 

国立病院という環境

ですが、やはり他の病院より恵まれているのも事実です。国立病院の場合、そもそも「閉院」がありません。

病院といえどもやはり利益を追求しなければなりませんし、利益云々ではなく、仮にですが医師が「辞めた」と言えばその時点で終了ですし、人が揃っているとなれば切られるのは看護師です。

ですが国立病院であればそのような事はありませんし、先にも触れましたが退職金や福利厚生も充実していますので、仕事に見合っていないかもしれませんが、
看護師としての労働条件で考えるとやはり「恵まれている」と言えるでしょう。

参考URL:http://kango4job.com/nurse-annual-income#9