今回は敏腕助産師さんが実際に転職する際に聞かれた質問とそれに対する回答を紹介します。
面接で聞かれる傾向をしっておけば、当日も緊張すること無く、自信を持って対応できますよね♪♪
また看護師で転職を考えている人も似たような質問がくるので、シチュエーションを自分に置き換えてしっかりと自分の言葉で返答できるようにまとめておきましょう。

敏腕助産師さんの実際の面接内容はこんな感じでした♪

(質問)
今までどんなところで働いていて、何例くらいお産を取りましたか?
(回答)
今までは年間1600件くらいの病院で7年働いていました。かなり分娩件数が多い病院だったので忙しかったですが、働いている医師も助産師も多かったので助け合いながらみんなで頑張っている病院でした。色んな医師や助産師からたくさん刺激をもらい勉強になった7年でした。

取った分娩件数は300例くらいですが、最近は後輩がお産を取るので取れていないです。分娩介助以外に呼び出し対応や院内助産院の経験、帝王切開や流産、採卵のオペ介助なども経験しました。一番勉強になったのは院内助産院のスタッフとして働かせてもらった2年間です。妊婦の体を診ることや、産婦さんや家族に寄り添ったお産を経験しました。

注意したこと)以前働いていた病院でどんなことを学んだのか、また自分がどんな風に成長できたかを伝えるようにしました。また、7年間で経験してきたことは十分アピールポイントになるので即戦力として自分が出来ることを伝えました。

(質問)
これからどんなことをこの病院でしていきたいですか
(回答)
助産師の経験や自分の妊娠・出産の体験を通して産後のお母さんのケアが足りないことを感じました。出来れば産褥期を主に担当して、産後の不安をきちんと解消して退院してもらえるよう援助できたらと思っています。

注意したこと)助産師の主なケアは妊娠期、分娩期、産褥期に分かれるので自分がどこを担当したいのかははっきり伝えました。産褥期を希望した理由の一つは、子育てをしながら働くため時間的に残業が多くなる分娩係を担当すると迷惑がかかると思ったからです。この場では残業ができないから分娩係は避けて欲しいというニュアンスのことはマイナスイメージになるので伝えません。

(質問)
印象に残っているお産はありますか
(回答)
30代女性の中期中絶のお産が印象に残っています。その方は妊娠を期に結婚する予定でしたが相手の都合で破談になってしまいました。それでも彼女は1人で産む予定でしたが家族に反対され、揺れ動く気持ちのままぎりぎりの段階で中絶を決めました。産んだ後に罪悪感や絶望感にさいなまれ自殺願望まで持ったとのことです。中絶から5年してようやく赤ちゃんの遺骨を納骨できたと前向きな言葉も聞かれるようになりましたが、精神的な傷は一生癒えることはないだろうと想像すると辛くなりますし、考えさせられるお産でした。1人の女性が妊娠し出産するという中で本当に色んな思いをするんだなと感じました。妊娠までの道のり、妊娠してからの道のり、出産、子育て、全てにきちんとフォローがされなければいけないし、幸せでなければ女性は後々まで辛い思いをすると感じました。男性にも当事者の女性にも伝えていきたいことです。

注意したこと)自分が本当に印象に残ったことを答えました。幸せなお産から学んだことだけでなく、分娩には不幸なこともあり、そんな中絶や胎内死亡、誕生死から学んだことも大切にしていきたいことを伝えました。

(質問)
希望勤務時間や日数を教えてください
(回答)
希望の勤務は週4回のパート勤務が希望です。時間は日勤帯(8:30~17:30)全て可能です。子どもの送迎があるため、18時には病院を出られると有難いです。今後、子どもの手が離れたら常勤になり長く勤められたらいいなと思っています。

注意したこと)今できること、出来ないことはきちんと伝えました。今後自分がどうしたいのかも伝えて、なるべく長く勤めたい希望を伝えすぐ辞めていくというマイナスイメージを持たれないようにしました。

いかがでしたか?
敏腕看護師さんの回答や注意したことでもわかるように自分がどこで働きたいか、どんな働き方をしたいかを伝えることが重要です。ただしマイナスポイントを受けるような表現をするのでは無く、どこが希望かを明確にして、ポジティブに言い回すことが重要です。

看護師・助産師という職業は特殊なので、基本的には売りて市場になります。だからといって、どこでも受かるわけでは無く、他にも受験者がいればもちろん不採用になることもあります。
少しでも有利に転職ができるように模擬面接は欠かさず行いましょう。