看護師の仕事にはパートナーシップと呼ばれる体制が存在します。これは特定の看護師2人がペアを組み、協力しながら患者さんの看護にあたるという体制のことです。従来はペアを組んだりせず、1人で多くの患者を受け持つのが基本でしたが、ペアを組むことで従来では得られなかったメリットを活かすことができるようになっています。そのため、転職時にはパートナーシップを導入している医療機関を参考にするのもいいでしょう。

パートナーシップを導入するメリットについてですが、たとえば看護師側としては2人の技術・知識を共有できることがあげられます。1人だとわからないことでももう1人が教えてあげることで、スムーズに業務を行えるようになります。また2人で協力してひとつの業務を行うことで、1人で行った時よりもずっと早く仕事を片付けることができます。早く仕事を片付けられればその分時間に余裕ができるので、休憩などもしっかり入れることができるというわけです。

患者さん側のメリットにはたとえば医療ミスが起こりにくいことがあげられます。パートナーシップは医師からの指示や処置を2人で確認しながら行っていくので、お互いのミスに気づきやすいのです。それから単純に1人の看護師よりも2人の看護師に看護してもらう方が安心感が強いというメリットもあります。

パートナーシップの導入は上記のメリットにより、医療機関で働く看護師の意識を変えることに役立ちます。たとえば看護師同士のコミュニケーションが旺盛に行われるようになったり、患者を看護して成果を出すという意識が強まったりします。これにより、その医療機関における看護の質が高まり、患者さんからの評判も上がるというわけです。

それからパートナーシップの体制は新人看護師の教育にも便利です。ペアを組んで常に2人で行動することで、新人看護師は先輩看護師のいいところをしっかりと吸収することができるようになります。