勤務形態が日勤のみで、仕事と育児など家庭を両立したいと考える看護師が、転職先として考えることの多いのがデイサービスです。デイサービスの仕事内容、平均年収、向いている看護師とはどうなのでしょうか。

そこで、皆さんが気になるデイサービスのあらゆることについて、まとめてみたいと思います。

デイサービスに勤務する看護師の仕事内容とは?

デイサービスにおける、看護師の基本的な仕事内容は下記のとおりです。

・バイタルチェックと来所者の体調管理
・服薬、インスリン注射や血糖値測定、創傷の処置、軟骨塗布などの医療行為
・リハビリ介助
・急変時の対応(医師への連絡や救急車の要請など)

デイサービスの場合、この他に施設管理者(責任者)、生活相談員、介護士、機能訓練指導員など、看護師以外にも多くの職員がいます。
看護師としての職務範囲としては、上記のような役割がありますが、基本的には利用者の方が来所されてから帰宅されるまでが仕事になるので、看護師としての業務以外の時間は、入浴介助など介護士が行う業務や機能訓練指導員が行うリハビリのお手伝いなど、多職種の領域の補助も行っています。

デイサービスは、介護老人保健施設や老人ホームのような老人福祉施設の一種ですが、主目的は介護ではなく、地域の高齢者がみんなで集まって、体操やレクリエーションを行うことで、健康維持を行うことにあります。

そのため、積極的に看護する機会は少なく、影で支える見守る看護、何か変化があった時に気付いて応対する看護が主となります。

デイサービスセンターに勤務する看護師の平均年収とは?

デイサービスセンターで働く看護師の平均年収は、約300万円~400万円です。多くもらえるところでは、病院で日勤の時間帯のみ働く看護師や総合病院の外来で働く看護師と同じくらいの年収になりますが、多くの場合はそれよりも低くなりがちな傾向にあります。

これは、デイサービスセンターの場合夜勤がないこと、基本的には利用者が来所してから帰宅するまでが仕事のため、残業もほとんど発生しないことにあります。また、企業規模や施設の経営状況によって、年収や福利厚生などの諸条件にも差が出てきます。

ただ、時間の自由が効くこと、日勤のみのため育児・家事との両立を図りやすいというメリットがあるので、その分収入が低くなっても十分満足している看護師も少なくありません。

デイサービスセンターで働くのに向いている看護師像

デイサービスセンターでは、多くの老人福祉施設と同じく、医師が常駐していません。そのため、利用者が急変した時には、医師との連絡や救急車を呼ぶかどうかも含め、その判断を行わなければなりません。そういった点で、高齢者看護に関する知識とともに利用者一人ひとりの様子に気づくことのできる観察眼を持っていることが求められます。

また、デイサービスというのは、日常生活では難しくなりがちな運動による健康維持が目的ですが、レクリエーションとして季節ごとに節分や七夕などといった季節ごとの催しを行います。そのため、高齢者や介護職などの他職員とのコミュニケーションを円滑に行えること、レクリエーションをみんなで楽しむ積極性が求められます。

デイサービスで働くために

まず、年収のところで書いたように、施設の経営規模や経営状態によって給料も変わるので、そういった点に関してはリサーチしておくことが大切です。また、病院勤務時代から高齢者看護に積極的に関わるなど、知識を身につけておくようにしましょう。