【クリニカルラダーとは】
看護師であれば、クリニカルラダーと言う言葉を聞いた事があるでしょう。ラダーとは梯子と言う意味であり、クリニカルラダーとは、看護師が専門的な知識やスキルを段階的に習得する事が出来るように組まれたキャリア開発プランの事です。

看護師は覚える事が多いです。学校でしっかりと知識を蓄え、実習をこなしてきても、いざ実践となるとなかなか上手くいかないと言う事も多いですし、自分の知識不足・経験不足を突き付けられて落ち込む事も少なくありません。クリニカルラダーでは、看護師に必要とされる知識やスキルを、年次によって5つの段階に分け、更にその中で達成すべき目標を設定しています。

【何故クリニカルラダーが開発されたのか】
クリニカルラダーは、全ての看護師が同じ指標・基準で能力を伸ばせるようにと開発されました。評価の基準を明確にする事で足りていない能力を伸ばしやすくなり、看護師だけでなく患者や利用者の安心にも繋がる事になります。

【クリニカルラダーのメリット】
一口に看護師と言っても、何を得意としているか、また何を不得意としているかは人それぞれです。クリニカルラダーのメリットは、看護師として必要な能力や知識が何であるのかを明確にし、自身に何が不足しているのかを理解する事が出来ると言う点にあります。「ここが足りない」と感じたら、その点を中心に目標を設定し、プログラムを組む事も出来るので、看護師として、より実践的な能力を身に着ける事が出来るのです。看護師として求められる能力を分かりやすく設定しているので、どの能力がどの程度必要であるかを理解しやすいのも大きなメリットですね。

【デメリットはあるの?】
一見するとメリットだらけのように思えるクリニカルラダー制度ですが、デメリットが無いわけではありません。看護師の評価方法が画一的になる可能性があり、どんなに努力してもそれが評価されなければ給与に結び付かないとも考えられます。